皆さまこんにちは!なおたろーです!
いつもありがとうございます!

今回から全5話のお話を書きます。

性教育に関する話ですが、結構ディープなことまで出てきます。
性に関するワードも伏字なしで、私がそらじろーに話したありのままを描いております。
苦手な方はご注意ください。

私は自分の経験だったり、いろんな文献を読んで「自分の子には性教育をしよう」と考えてそれを実際に行動にうつしていますが、みんなも性教育したほうがいいよ!と思っているわけではありません。
習い事と同じで「ピアノを習うと感受性も豊かになるし、脳が活性化されてすごくいいよ〜!」って言われても、実際にやるかどうかは人それぞれですしね。
ただの主婦である私が独学で性教育を学び、それを子どもにどう話しているか…参考程度に読んでいただけると嬉しいです。


IMG_8669
IMG_8670
IMG_8663
IMG_8664
IMG_8665
IMG_8666
IMG_8667IMG_8671

恥ずかしがらずに言うのがポイントです。親が恥ずかしがって言ったら「これは恥ずかしいことなんだ」「聞いたらいけないことなんだ」って思ってしまう可能性がありますからね。



参考にしたのはこちらの絵本です。
子宮の絵、ペニスの絵、挿入の絵など、リアルなことも淡々と描かれています。

大人が読むと結構ドキッとしてしまうかもしれません。
本当に子どもに読ませても平気なのかな?と思われる方もいるかもしれません。

最後のページにこの本の監修をされた山本直英さんの後書きがあるのですが、私はこの後書きを必ず読んでほしいとオススメします。
大人はいろんなことを経験しているので、性交渉に対していろんな先入観がありますが、子どもにとって「人間はどのようにしてできるのか」と言うのは自分のアイデンティティ(正体)を確かめることなのです。
それを説明するのにすごく適した本だと思っています。

私自身、母に性教育をしてもらったわけでもなく、次男を出産した後に全て独学で学んだことです。もちろん今も継続して勉強中です。
性教育の講習を受けたわけでもなく、オンラインサロンに入っているわけでもありません。(理由は単に人見知りだからです…)
だから最初は小さいうちにこんなこと教えて、悪影響は出ないのかと心配になりました。




特にこの二つの書籍を読んでその概念はガラリと変わりました。
簡単にいえば、思春期の子どもに突然生の話をするのはものすごくハードルが高いので、早めのタイミングの方がスタートがしやすいのです。

それに思春期となると周りの友人から色々教えてもらったり、中にはアダルトサイトを見てしまっているかもしれません。
そんな時に突然親が性のことを話し始めたら…もしかしたら「キモい…」と拒絶される可能性もあります(言葉が乱暴で申し訳ない)

私たちが「少し恥ずかしいな」って思ってしまうのは当たり前です。
私たちも、私たちの親世代も、みんなまともに教えてもらってないんですもん。
(保健体育の授業受けたじゃん!ってのは別にして)
わからないからこそ学びたいと思い、私も性教育の勉強を始めました。


だからそらじろーにこの話をするのも、内心ドキドキでした。
勉強したとはいえ、ちゃんと想いが伝わるかな…と。

次回のそらじろーのリアクションをお楽しみに〜!!



続きます。




あ、ちなみに…



お子さんがもう思春期に入っていて、性教育のスタートが遅くなっちゃった…!って思った方も大丈夫!

私はセイシルをオススメします!(回し者みたいな言い方してるけど、回し者じゃないよ!w)中高生が抱える性のモヤモヤに寄り添ってくれるサイトです。

他にも「Sex & Life」というアプリもオススメです。
ネット上に溢れかえる性に関する記事の中から、信頼のできるものがまとめられたアプリです。
巷には性に関する「間違った情報」も多く存在していますが、正しい知識を広めたいということで作られたアプリだそうです。



それと、今月のりぼんの袋とじ付録は「生理カンペキBOOK」だそうです!
どの話も私が小学生の頃に気になっていたものばかり!
親や学校が教えることももちろん大切だけど、こうして自分から学ぶきっかけができるツールがあるのはありがたいですよね!


是非参考にしてみてください〜!



5005

にほんブログ村 子育てブログへ 



くだらないことばかりツイートしてます~


LINEで更新通知が受け取れます!